事業で資金が必要になったので使った不動産担保ローン

老後の夢を実現させるために、不動産担保ローンを組みました

35年間銀行員として勤めていましたが、60才で定年退職をしました。若い頃から釣りが好きで、定年退職をしたら船舶免許を取得して自分のクルーザーで釣りをしたいと常々考えていて、今はその夢を実現させて気ままなクルージングを楽しんでいます。この夢を実現するにあたって、金銭的な問題を不動産担保ローンで解決しました。船舶免許取得とクルーザーの購入費が合計で2000万円も掛かるので、退職金をすべてつぎ込む勇気は当初はありませんでした。どうやってお金を用意しようか考えていた時、私が現役時代に務めていた銀行で不動産担保ローンを行っていることを思い出して利用しました。この不動産担保ローンは、住宅ローンが終わっている状態であれば利用できるもので査定に応じた金額分を貸し付けてくれるものです。元本の返済は必要なく、毎月金利だけを返済すればいいので金銭的に困窮しないというのも良い所です。幸い、私には妻も子供もいないので住宅の相続も気にすることもなく即利用しました。築年数32年の戸建てで、2300万円の貸し付けを受けることも出来、長らく夢だったクルーザーを手に入れて釣りを満喫しています。賢く不動産を活用できたと大満足しているところです。

経営悪化で資金が足りず銀行へ相談不動産担保ローンを提案され家族了承のもと申し込み無事に融資され支払いもできローン返済中老後の夢を実現させるために、不動産担保ローンを組みました